2007年12月24日

グーグルと押切もえの関係!

押切もえがグーグルでキャンペーン!
千葉県市川市生まれの松戸市育ちの、モデルの押切もえです(笑)!
2007年3月から月刊化された『AneCan』専属モデルに抜擢された、もえちゃんです!

インターネット検索大手のグーグル、あなたは検索するのにグーグルを使っています?ヤフーで検索かな?
私は、ヤフーかな(爆)。

グーグルは、ファッションモデルの押切もえさんらをキャンペーンに起用しましたよ〜。グーグルは、オリジナル地図を作ってネット上で公開できる「マイマップ」のサービスを行なっていますが、そのマイマップのテコ入れ策に乗り出したわけです。

押切もえの人気にあやかりたいんですね!
押切もえは、まだ“読者モデル”という言葉がメジャーではなかった時代に、雑誌『ポップティーン』に登場しました。その後、雑誌『egg』の読者モデルを経て、再び雑誌『ポップティーン』の読者モデルへとステップアップしました。
読者モデル時代は、押切もえはスーパーモデルならぬ“スーパー高校生”や、“コギャルのトップ”などの呼び方をされていましたね。押切は「もえ」として、当時の人気読者モデル・福永花子の「花子」と共に、女子高生達のカリスマ的存在でもあったそうです。

その後、押切もえは大人系女性を目指して『CanCam』の専属モデルとなりました。蛯原友里(えびちゃん)、山田優とともに、キャンキャンのTOP3専属モデルとまで言われる人気モデルとなりました!!
現在は、女性雑誌アネキャンの専属モデルですよね~。この雑誌の売上に貢献していますよね~、押切もえ人気は(笑)。


さて、高度な検索技術が売り物のグーグルですよね。だから、日本ではグーグルを使う人は、インターネット上級者だといわれますが(笑)。とにかく、グーグルが著名人を使ったキャンペーンを展開するのは極めて異例なことなんですね。
それだけ、ヤフーに差をつけられているのかな?


 グーグルが4月に始めた「マイマップ」は、自分だけの地図を作れるんですよ。マイマップでは、利用者が地図上に目印を置いて、写真や動画、コメントなどを書き込み、自分だけの架空の世界でもあるオリジナルの地図を作成できるんですね〜。グーグルのマイマップ利用者は、個人の旅行記やグルメマップなどでの利用が多いそうですが、国内の登録者は数十万人にとどまっているんですね。
まだまだ少ないんですね・・。


 このためグーグルは、マイマップ利用者から自慢の地図を募集するキャンペーンを世界で初めて日本で始めました。おお、日本が世界最初なんですね。日本人は、オタクだからかな(笑)。
グーグルのサイト上では、押切もえなどが協力した「ゲスト・マップ」を公開していまっすよ!!

募集期間は来年2月29日までです。



[PR]軟骨成分サントリーグルコサミン




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
グーグルと押切もえの関係!
    コメント(0)